Winter preparation

水道管は、気温がマイナス4℃以下に下がってくると凍結や破裂の恐れがあります。風当たりの強いところや、水道管がむき出しになっているところなどでは、特に早めの注意が必要です。水道管にも冬じたくをしましょう。 

凍結から守るためには
屋外に露出している水道管や蛇口は、乾いた布や毛布などを巻きつけ、その上から濡らさないようにビニールテープを巻きます。メーターボックスにも、いらなくなった布きれや毛布などをビニール袋に入れ、水道メーターが見えるように、まわりを囲み、ボックス内に詰め込みます。また、特に寒い夜には、少量の水を出したままにしておくと凍結防止になります。

水が凍ってしまったら
蛇口を開けてから、凍った部分にタオルをかぶせて、その上からゆっくりぬるま湯をかけてください。熱湯をかけるのは絶対にやめてください。蛇口や水道管が破裂したり、ひび割れの原因になります。

管が万一破裂したときは
宅地内にある水道メーターボックス内の止水栓で水を止めてください。その際は、家の中のすべての水が止まります。また、止水栓を止めても水が止まらない時は、破裂した部分に布などを巻きつけ、近くの指定給水装置工事事業者に修理を申し込んでください。

担当 : 給排水設備課

ページの先頭へ戻る