User fee

受益者負担金と分担金は賦課の対象が異なる為、金額の算出方法が異なります。

(1)受益者負担金(用途地域を含む市街化区域の場合)
 受益者負担金は賦課の対象が土地となりますので、土地の広さで負担金の額が決まります。負担金額の算出方法は、所有されている土地の面積に、1平方メートル当たりの単位負担額230円を乗じたものとなります。(10円未満切り捨て)

(例)330.00平方メートルにかかる受益者負担金の額

(受益地面積)
(単位負担金額)
(負担金額)
330.00㎡  × 230円 75,900円


 算定基礎となる土地の面積は、公簿(登記簿)によります。ただし、土地区画整理事業の施行に係る土地の面積は、仮換地指定通知書の交付地積となります。


(2)分担金(市街化調整区域、都市計画区域外)
 分担金は賦課の対象が建築物となりますので、建築物の棟数、用途等で分担金の額が決まります。
 ①専用住宅(一般住宅)は1戸につき60,000円となります。
 ※一戸建ての住宅であって、専ら居住の用だけに供するものをいいます。
 ②専用住宅以外の建築物は、建築物の延べ面積により算出します。詳しくは下の区分表をご覧ください。

 (例)共同住宅(アパート等)、店舗、飲食店、事業所、工場、病院、店舗兼住宅等 
区分 分担金額
建築物の延べ面積が150平方メートル以内のもの 60,000円
建築物の延べ面積が150平方メートルを超え200平方メートル以内のもの 90,000円
建築物の延べ面積が200平方メートルを超え300平方メートル以内のもの 120,000円
建築物の延べ面積が300平方メートルを超え500平方メートル以内のもの 240,000円
建築物の延べ面積が500平方メートルを超え1,000平方メートル以内のもの 360,000円
建築物の延べ面積が1,000平方メートルを超えるもの 480,000円
お問い合わせ先
下水道整備課 管理係
0985-26-7655(直通)

ページの先頭へ戻る