Rural Drainage Projects

1.事業概要
農業集落排水事業は、昭和58年度に農林水産省において創設され、農業振興地域の農業集落を対象に、し尿及び生活雑排水等の処理施設を整備することにより、農業用用排水の水質保全、生活環境の改善を図り、併せて公共用水域の水質保全に資するものです。

本市の農業集落排水事業は、平成18年1月の合併により、旧宮崎市の6地区に6地区が加わり12地区となり、さらに平成22年3月の合併により5地区が加わって17地区となりました。

旧宮崎市においては、昭和62年度に跡江地区の事業採択を受け、平成4年4月に供用開始して以降、加江田地区(平成7年7月)、大瀬町地区(平成7年8月)、富吉・有田地区(平成11年5月)、倉岡地区(平成14年8月)、細江・長嶺地区(平成15年9月)の供用開始をしています。

佐土原町域においては、下那珂地区を平成14年4月に供用開始しています。

田野町域においては、石久保地区を平成6年10月に供用開始して、仮屋原地区(平成7年10月)、中尾地区(平成12年10月)、麓地区(平成16年3月)の供用開始をしています。

高岡町域においては、高浜地区を平成12年12月に供用開始しています。

清武町域においては、庵屋地区を平成元年8月に供用開始し、黒北地区(平成6年7月)、尾平地区(平成7年7月)、船引地区(平成11年4月)、沓掛地区(平成20年4月)の供用開始をしています。

以上の農業集落排水事業での下水道整備が完了し、平成28年4月1日現在、処理区内人口は15,356人で、整備率は100.0%となっています。

 なお、旧宮崎市の跡江地区については、効率的な汚水処理を行うため、平成27年4月に公共下水道の大淀処理区、跡江処理分区として事業計画の変更を行っており、現在公共下水道への接続のための管路整備を実施しています。
2.整備計画
整備計画表 全体計画  17地区(平成28年4月1日現在)
旧行政区域 地区名 総戸数(戸) 総人口(人) 面積(ha) 供用開始
旧宮崎市 跡江 530 1,970 107 H4.4.1
加江田 141 670 21 H7.7.1
大瀬町 272 1,180 51 H7.8.1
富吉・有田 788 2,840 108 H11.5.1
倉岡 1,096 3,500 136 H14.8.1
細江・長嶺 638 1,730 42 H15.9.1
田野町 石久保 51 170 5 H6.10
仮屋原 39 150 9 H7.10
中尾 677 2,360 49 H12.10
352 1,380 52 H16.3
佐土原町 下那珂 268 880 49 H14.4
高岡町 高浜 176 570 11 H12.12
清武町 庵屋 78 310 35 H1.8
黒北 129 490 40 H6.7
尾平 101 400 46 H7.7
船引 199 830 33 H11.4
沓掛 854 2,800 68 H20.4
3.水洗化率(平成28年4月1日現在)
旧行政区域 地区名 処理人口(人) 水洗化人口(人) 水洗化率(%)
旧宮崎市 跡江 1,691 1,687 99.8
加江田 337 326 96.7
大瀬町 832 806 96.9
富吉・有田 1,901 1,815 95.5
倉岡 2,467 2,015 81.7
細江・長嶺 1,329 1,026 77.2
田野町 石久保 118 118 100.0
仮屋原 118 116 98.3
中尾 1,266 945 74.6
865 503 58.2
佐土原町 下那珂 819 722 88.2
高岡町 高浜 451 351 77.8
清武町 庵屋 233 227 97.4
黒北 335 326 97.3
尾平 328 297 90.5
船引 547 440 80.4
沓掛 1,719 1,127 65.6
合計 15,356 12,847 83.7

担当 : 下水道整備課

携帯・スマートフォンサイト

宮崎市上下水道局

〒880-8507
宮崎県宮崎市鶴島
3丁目252番地
TEL:0985-24-1212
FAX:0985-24-1047

ページの先頭へ戻る