Revision of water rates

概要

平成28年10月使用分から水道料金を改定しました。
 16年間、経営努力により現行料金を維持してきましたが、南海トラフ巨大地震に備えた水道管の耐震化などに多額の費用を要することになり、改定にいたりました。
 平均改定率は約20%で、新旧料金表は下記のとおりです。
 平成28年10月1日をまたぐ期間の料金については、旧料金と新料金を改定日前後の日数で按分し料金を算定します。
 水道料金の改定について審議した宮崎市上下水道事業経営審議会の議事・資料につきましては以下のページをご覧ください。 

 →平成27年度経営審議会について

 料金以外の変更点として、
 ※清武町域の水道料金は合併前の料金表に基づき算定していましたが、今回の料金改定に合わせて
  新料金表に統一しました。
 ※使用水量の少ない高齢者や単身世帯に配慮した料金とするため、基本水量制(10m³/月)を
  廃止して使用水量に応じた料金としました。
 ※口座振替の方で希望した場合、現在の2か月毎の振替を毎月振替にすることができるようにしました。
 申し込み方法については、こちらをご覧ください。
 また、詳細につきましては、4~5月の検針時に配布した料金改定のお知らせ「せせらぎ特別号」でも案内しています。
 なお、下水道使用料の改定はありません。

新旧料金表

料金の計算方法

一般家庭で数多く使用されている口径13㎜で使用水量64m³/2か月使用の場合

1.初めに水量64m³を2で割り、1か月の使用水量を求めます。
  64 ÷ 2 = 32m³

2.上記の新料金表に基づき水量段階別の金額を算定します。
  27円 × 10m³ =  270円(10m³までの料金)・・・①
 152円 × 20m³ =3,040円(10~30m³までの20m³分の料金)・・・②
 181円 ×  2m³ =  362円(30m³を超えた2m³分の料金)・・・③

270 + 3,040 + 362 = 3,672円・・・④
  ①      ②      ③

3.口径13㎜の基本料金と④を足し、消費税を加算して1か月の料金を求めます。
  (900 + 3,672) × 1.08 = 4,937円(端数切り捨て)

4.最後に2倍して2か月の料金を算定します。
  4,937 × 2 = 9,874円

モデルケースによる新旧料金比較

(税込み 1か月使用)

 

単身

2人

3人

4人

5人

モデル水量

8m³

16m³

20m³

25m³

29m³

現在宮崎市

1,058円

1,900円

2,462円

3,164円

3,726円

現在清武町

1,242円

1,857円

2,268円

2,862円

3,337円

新料金

1,205円

2,248円

2,905円

3,726円

4,382円

お問い合わせ先
 上下水道局 料金センター
 TEL:0985-60-6500

携帯・スマートフォンサイト

宮崎市上下水道局

〒880-8507
宮崎県宮崎市鶴島
3丁目252番地
TEL:0985-24-1212
FAX:0985-24-1047

ページの先頭へ戻る