Redemption

1.制度概要

地方公共団体の公債費負担の軽減対策として、平成19年度から平成21年度までの3年間、公的資金(財務省旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金及び旧公営企業金融公庫資金)の補償金(※参照)免除による繰上償還制度が創設され、その後、平成22年度から平成24年度までの3年間延長されました。

この制度は、借入利率が5%以上の高利率の起債を所定の期限前に繰り上げて償還することができるもので、徹底した総人件費の削減等を内容とする経営健全化計画を策定し、行財政改革・経営計画を行う地方公共団体が対象となります。

※補償金とは、借入団体が任意の事情により借り入れた資金を所定の期限前に繰り上げて償還する場合に発生するもので、所定の期限により償還する場合に将来発生すると思われる金利分を違約金的に支払うものです。

2.繰上償還の内容 ※宮崎市上下水道局分

(1)平成19年度から平成21年度実施分
会計名 繰上償還実施額 財政効果額
水道事業 18億515万円 2億5,455万円
公共下水道事業 103億1,139万円 29億2,903万円
合計 121億1,654万円 31億8,358万円
(2)平成22年度から平成24年度実施分
会計名 繰上償還実施額 財政効果額
水道事業 22億4,328万円 5億4,474万円
簡易水道事業 4,324万円 1,176万円
公共下水道事業 14億9,183万円 3億8,811万円
農業集落排水事業 1億8,636万円 5,440万円
合計 39億6,471万円 9億9,901万円

3.宮崎市公営企業経営健全化計画

この計画は、平成19年度から平成21年度実施分と平成22年度から平成24年度実施分があり、ともに繰上償還等に伴う行財政改革の効果などを盛り込んだものとなっており、その後の執行状況をフォローアップしていくことになっております。詳しくは、下記の「経営健全化計画」をご覧ください。

※PDFデータです。ダウンロードしてご覧ください。

adobe readerPDFファイルをご覧いただくにはAdobeReaderが必要です。
こちらから最新のAdobeReaderがダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る