Carge

水道料金・下水道使用料の算定

水道料金・下水道使用料ともに、基本料金と従量料金とからなっています。基本料金は使用水量にかかわらずいただく料金、従量料金は使用水量に応じていただく料金です。これらの合計額に消費税が加算されます。


※水道料金と下水道使用料は異なる料金表を使用しています。

※旧清武町域については、平成28年10月1日の料金改定に合わせて、宮崎市と同じ水道料金の料金表を使用しています。


また、請求は2か月に1回です。これは、市内を2つの区域に分けて、隔月の定例日に行う水道メーターの検針でお知らせする使用水量から算定されたものです。


下水道使用料については、水道水を使用されている場合は水道の使用水量を汚水量と認定します。

水道水以外の水(井戸水など)を使用されている場合は下記の資料をご参照ください。


※PDFデータです。ダウンロードしてご覧ください。


水道料金と下水道使用料は一緒にお支払いしていただくことになっています。


下水道使用料は、みなさんの排水設備工事が完了し、下水道使用開始の届出の後、納めていただくことになります。

水道料金の計算の仕方

※メーターの口径が13ミリメートルで、2か月の使用水量が64m³の場合


1.使用水量を2で割り1か月分の使用水量を求める。

   64m³÷2=32m³


2.料金表から1か月分32m³の料金を求める。

基本料金 900円
10m³までの部分 10m³×27円=270円
10m³を超え30m³までの部分 (30m³-10m³=20m³)
20m³×152円=3,040円
30m³を超え100m³までの部分 (32m³-30m³=2m³)
2m³×181円=362円
合計:4,572円

3.消費税を加算する。
   4,572円×1.08=4,937.76円


4.1円未満を切り捨てる
   4,937円・・・1か月分の料金

 

5.1ヶ月分の料金を2倍し、2か月分の料金を求める。
   4,937円×2=9,874


○水道料金・下水道使用料早見表はこちらをクリック

下水道使用料の計算の仕方

※2か月の汚水量が64m³の場合

1.汚水量を2で割り1か月分の汚水量を求める。
     64m³÷2=32m³

2.料金表から1か月分32m³の料金を求める。
a.基本使用料 750円
b.0~10m³までの部分 10m³×20円/m³=200円
c.10m³超30m³以下の部分 (30m³-10m³)×126円/m³=2,520円
d.30m³超100m³以下の部分 (32m³-30m³)×164円/m³=328円
合計 3,798円

3.消費税を加算する。
3,798円×1.08=4,101.84


4.1円未満を切り捨てる
4,101・・・1か月分の料金


5.1か月分の料金を2倍し、2か月分の料金を求める。
4,101×2=8,202


○水道料金・下水道使用料早見表はこちらをクリック

問い合わせ先

上下水道局料金センター
TEL:0985-60-6500
FAX:0985-60-7201

adobe readerPDFファイルをご覧いただくにはAdobeReaderが必要です。
こちらから最新のAdobeReaderがダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る